裏・狂欲。: tumblr  囀・狂欲。: twitter

2009年02月08日

01

 先週土曜日(1/31)の事なんだけど、実は「KTSの自由雲台 PRO 40・赤」をKTSへ直接取りに行った。これから書くことは全てKTS社長の許可を取った上で書いている。

 色々ありました→

 私はKTSの"Webサイト"から直接注文したのだが、向こうからのメールが私が使ってるメールの迷惑メールフィルタ、それも「サーバ側」でのフィルタに引っかかってしまい、私の元に届かなかった。そのせいで電話でやり取りする事になって、振り込んで入金確認して…ってのをやると週明けになってしまうので、社長の都合を訊いたらいつもは休みの土曜日だけど1/31だけはOK、ってことで直接伺うことにした。お金もその時で良いって言ってくれた。

02

 正式な会社名はNG…って社長、Webサイトに名前出てるけど…。つーことでモザイク。

 ここで待っててくれ、と通された事務所。雲台の山だった。

■さりげなくダブルストッパーが
03 04

 KTSの雲台を調べてると「SのOEM元」「Uの下請け」など色々な事が書かれてるけど、現在はどこの雲台も作ってない、との事。

「Sブランドの雲台」→「Uに発注」→「さらにKTSに発注」

ってのが真相で、つまり大手の孫請け。UとSが金で揉めたのを切っ掛けに下請け関係が無くなって、技術だけ持ってる社長が「KTS」ってブランドを立ち上げた、ってのが真相らしい。つまりはKTSの雲台の精度は間違い無い、って事だ。

060708

 時計のケースも作ってる、と。ROLEXで言うところの「Oyster Perpetual」の部分だな。手に持ってる時計はTOYOTAのノベルティ。細かく色んなトコに発注されるんだな、こういうのは。

■色々話しているウチに社長が出してきてくれた物
0910

 シャキーンと脚が飛び出すミニ三脚。昭和50年代の物。右の雲台は昭和40年代だと。手前に置いたレンズキャップは「67mm」ね。雲台が超小さい。

11SONYが出してる純正のミニ三脚。現行品とはデザインがちょっと違うね。こういうのもやってる、と。雲台部分だけで、脚は別。

■試作品のPRO 60
12

試作品というか、どこかのメーカーに卸してたあまり部品で作ったらしい。コレでも充分良いと思うのだが、社長に言わせると「首が長い、首の付け根が無駄にデカい、ハンドルは論外」だと。言われてみるとそういうトコが現行のKTS雲台ではかなり改良されている。

■左から60・50・40
131415

 仕様は現行品と若干違うが、大きさは同じ。違いがわかりやすいでしょ。コレは良い写真だ。左手に雲台を持って、右手にはFL-50RがクリップオンされたE-3 + 14-54mm。こないだも書いたけど、雲台だけなら搭載機材の最大重量は

  • PRO 40 = 6kg
  • PRO 50 = 8kg
  • PRO 60 = 10kg
ね。この時社長に訊いたから間違いない。信頼性上がった?

16
OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 / FL-50R

 ダブルストッパーモデルは何故作らない?との問いにも答えてくれた。性能には問題ないのだが、想定外の使われ方をした時にノーマルより壊れやすい、との事。想定外ってホントに無理矢理回らないネジを回したりとかそういうDQNな使い方の場合であって、普通に使っててそうなることはまずあり得ない。それなのに「改良できるまで出せない」ってどこまでも職人だ…。

 Amazonや楽天で売ればもっともっと売れますよ、って言ったら実際に向こうから出店依頼はあるらしい。でも「納期が長くなっちゃうし…」とか言ってる社長。メーカーに卸してるときは月産300でも500でもこなしてたから、やってやれないことは無いんだけど…仕事が雑になりそうで嫌だ、と。急ぎで欲しい、って声にも対応したいんだと。いや消費者的にはありがたいが、ドコまで商売気が無いんだ…。みんな雲台買うならKTS買ってくれ。

17

 「散らかってるから…」と入り口までで断られた作業場。「世界に通じる技術は下町から」をガンガンに感じた。ちなみにKTSの雲台は社長が設計、削り出しを行ってアルマイト処理は墨田区の職人に送る、と。で、戻ってきたパーツをチェックしてから手作業で組み上げ。1コ6,500円じゃ合わないだろうなぁ…。

 すっかり馴染んでしまった私は、社長の時間を気にしたのだが「全く問題ない」との言葉を貰ったのでさらに突っ込んだ。金属加工業を営んでいるのは社長が3代目。初代の御祖父様は釣り竿に使う「リール」の職人だった。昭和2年からやってるんだと。先代のお父様は半導体部品の加工が主な仕事で、雲台を作り始めたのは当代から。下請けで作るウチに、完璧な技術が身についたんだろうな。やっぱり職人は凄い。

 4代目は?との質問には「ウチは一人娘だから…」とちょっと暗い顔。誰かが継がないとこういう技術が無くなってしまう…。

■ハーレー乗りでした
181920

 KTSが何故かバイクのパーツを作ってるのは社長の趣味だった。シートを掛けてるのをわざわざ外してくれた。「ブログに載せますよ」って言ったら照れてたな。かなりお金がかかっている(と思われる)マシンである。横にはBMWのロードスターが停まっていて、訊いたら先代が乗っているとの事。渋い親子である。

■ここまで来たら車も
2122
OLYMPUS E-3 / ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5

 車も観ますか?って事なので撮らせてもらった。金の掛かったアルファードである。車高の落とし加減が絶妙だ。フロントグリルも変えてある。ダッシュボードには「KTSロゴ」のキャップが。

 なんだかんだで1時間30分くらい長居してしまった。ココには書けない色んな濃い話も聞けて、メチャメチャ楽しかった。あんまり押しかけるのも迷惑だろうが、「また行くだろうな」と思っている。そのためにはもう1つ買わないとなんだけど…。

 あの社長が作る雲台に間違いはない、と思わせてくれる素晴らしい人だった。みんな雲台買うならKTSを御一考。


関連記事

KTSの社長に色々訊いてみた

KTSの自由雲台「PRO 40・赤」を購入
Velbon LUXi L + KTS PRO 40

トラックバックURL
この記事へのトラックバック
私は・・・ KTSの自由雲台 PRO 40を購入した。 (@6500円) というお話。 SLIKの「カーボン813EX」に付属していた3ウェイ雲台(というか3ウェイの雲台全般)が馴染めなくて、三脚自体を持ち出すことが億劫だったのだが、ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを手にしてし...
KTS 自由雲台 PRO40  [ 「kbys的・・・。」 ]   2009年03月20日 19:37
手ぶれ補正機材、着弾。(速報) 「THE ORIGINAL」 「KTS 自由雲台 PRO 40」 「PRO 40 + 813 EX」 「ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD + PRO 40 + 813 EX」 ファーストインプレッション:使い易いっす。まさに自由! ファーストインスピレーション:コレ、車載ビ...
自由  [ 「kbys的・・・。」 ]   2009年03月20日 19:37
『アルミ・無垢・削りだし・肉抜き・剛性・アルマイト』どれもバイク乗りならビンビン
三脚と雲台と  [ まだまだGSX-R1000 ]   2010年08月12日 11:21
自由雲台に変えようかな… の続き。性能が良くて安価ならそれを選ぶだろうし、しかもこのルックス!これを選ばない理由が無くなったw KTS PRO-50 いろいろカラーが選べるので悩むと ...
自由雲台 KTS PRO-50  [ SABAAIなBLOGでSABLOG …みたいな ]   2011年11月22日 03:01
この記事へのコメント
何か波長が合ったんだろうな感(笑)
あと雲台持ってるヤツ。
片手でE-3+FL50Rクリップを持つのは大変だろうなと。

上の段の青いのがキレイだね。
下の段のポリッシュも良い。
機能美が美の源なのだ。
Commented by    すーさん    2009年02月08日 22:47

Made in Japanを支えているのはこうゆう職人さんなんですよね...。
後継者がいないってのはどこも一緒みたいで、心配です。

>みんな雲台買うならKTS買ってくれ。
はい。買います(笑
年末あたりから雲台をどうするか悩んでたんで。
次の悩みは色をどうするか、かな?

Commented by    ボギーさんの羊    2009年02月08日 23:31
良い記事だ(T-T
そのうちもう一個買うつもりだったけど、
もしかしたら更に一個買ってしまうかもしれない(笑
Commented by    M2    2009年02月09日 03:48
なかなか機会の無い、メーカーの社長さんとのご対面だったのですね☆
現場を見ればよく分かるっと言うことが立証されましたね〜

60・50・40の写真がキレイです。
Commented by    akichi    2009年02月09日 09:41
>すーさん

そういや当日興奮して電話したな。スマンかった。

> 何か波長が合ったんだろうな感(笑)

下町の気さくな親父、って人だから誰にでも
優しいんだと思う。こっちは目がハートになってたし。

> 片手でE-3+FL50Rクリップを持つのは大変だろうなと。

一眼レフは頭蓋骨で支える(笑)

> 上の段の青いのがキレイだね。
> 下の段のポリッシュも良い。
> 機能美が美の源なのだ。

何気に格好良いのが並んでるよな。
ポリッシュ、実用はともかく(指紋付くし)
メッチャ格好良いよな。研磨してる部分との
バランスが絶妙。車のパーツに通じる。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 10:14
>ボギーさんの羊
> 後継者がいないってのはどこも一緒みたい

娘さんが継ぐ、ってのもイカすけどね。サラリーマンの
婿養子貰って。まだ中学生らしいのでどうなるか...。

> はい。買います(笑

いや、無理しなくてイイけどホントに良い物なので。
色は悩むよね、なまじ選択肢が多いだけに。
+2,000円でカスタム出来るので可能性は無限大。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 10:17
>M2さん

無理せんと...。でも気持ちわかる。
協力したい気分にさせる良い人だったッス。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 10:22
>akichi氏
> なかなか機会の無い、メーカーの社長さんとのご対面だったのですね☆

東京に限らず、町工場にはああいう職人が沢山いるんだろうな、と。
技術はあるのに世に出てないのはホントに勿体ない。

> 60・50・40の写真がキレイです。

ボケボケ厨の様な写真だけど自分でも気に入ってます。
ありがとう。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 10:27
無茶はしちゃうけど、無理はしない(できない)から大丈夫かと(^^;

大メーカーの下世話なサポートを期待しないのなら、
間違いなく逸品なクオリティがあの値段ですから、
高いと思えないのが問題かもしんない;汗
う〜ん、U製のも買って比較してみようとも思っていたのですが、
それもヤボかな。

以前の仕事で世話になっていた下町の工房も凄かった事を思い出しました。
そこにも拘りまくった車があったなぁ(笑
こちらの意図を一発で汲んでくれる勘の良さというか的確さというか、
こっちの浅はかさが恥ずかしかった(^^;
Commented by    M2    2009年02月09日 17:58
>M2さん

うん、無い袖は振れないッスよね、お互い。
でも協力したいなぁ。Uは買わなくてイイでしょ。
私達の記事で少しは買ってくれた人がいればいいけど。

職人さんはどんなジャンルでもスゴイよね。
自分にない部分だからただ感動させられるだけ。
たまに切なくなる。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 19:39
とても貴重な記事を読ませていただきました。
Commented by    arata    2009年02月09日 22:45
arataさんおっかないってば。
貴重ッスか?社長が話してくれた事を書いただけです。
KTSの力になれれば、と思ってます。
Commented by    アキラっち    2009年02月09日 22:53
貴重な記事を読ませていただいてありがとうございました。
自分の持っているモノを作っている人の
どんな風に、どんな思いで作っているかという「顔」が見えると、
やはりモノに対する思いが深まりますね。
Commented by    nobuo    2009年02月10日 01:14
長文侵略ゴメン。うざかったら消して。

U使ってまつよ。キャパのやつを1年くらい使ってるかな。50。クイック無。カメラ接触部のデザインや意匠がよくって、カメラと一体となったときの剛性もいいかんじだし、クイック無くてもカメラ脱着がやりやすいっス。慣れるとつまみ1つでパン操作できたり、指先感覚で微妙にフリクションかけられたりと精度も高く、自由度も高い。んがしかぁあし。

以下の話はその時のロットだけかも知れんが。

先端が欠けてバリが出ている状態でカメラ固定用の雄ネジがメッキされており、アルミ製の雌ネジを採用しているカメラをつけたら、思いっきり雌ネジが削れた。旋盤で削ったみたいに、す〜っと削りカスが出たよ。アルミ製の雌ネジもどうかと思うが、バリだしのままメッキするような品質管理ってアリか?それから、切削痕が雑で美しくない部分がある。おそらく生産効率アップのために、切削速度を上げすぎたんだろうな。総体的には気に入ってるけど、『究極の自由雲台』は言いすぎだな、Uくん。すくなくとも外観細部の仕上げのクオリティーには驚きはないよ。

今のロットは良くなってることを祈る。
Commented by    わし。    2009年02月10日 07:07
アキラっちさん、はじめまして。
昨年末あたりから狂ったように読み漁らせていただいております、こばっちと申します。

今までの機材紹介等、すごく参考にさせていただいていましたが、今回のこの記事(個人的には)ある意味一番感動的な記事だったかもしれません。こちらも実際に社長さんにお会いできたような、ほっこりした気分に浸れましたです。

60・50・40のサイズもやっとイメージ掴めましたし、私も自由雲台買うときはKTS買います。周りの人にもお奨めしたいですね。

兎に角すばらしい記事をあげていただき、ありがとうございました。

追伸:クイックシューの記事にも期待してますょ。(他力本願)
Commented by    こばっち    2009年02月10日 12:50
次に遊びに行くときは、ぜひ「アルカスイスタイプのクイックシュー対応にして」という要望を出してきておくんなまし。
Commented by    arata    2009年02月10日 13:02
>nobuoさん

職人さんの話ってなかなか直接聞く機会無いしね。

>わし。 さん

ん?その雲台を作ったのかがKか否か?って事ですか?

>こばっちさん

いつも読んでくれてありがとう。今回のはネタが良すぎるから
誰が書いてもイイ記事になるからね。私だけではなかなか...。
精進します。クイックシュー、別に特筆すべき事はないから
簡単に書きます。商品名と他のブログからの引用で終わりそう。

>arataさん

社長がココを読んでるハズなのでもう伝わってます。
アルカスイスって他国では標準なんですかね?
日本メーカーも海外モデルでは対応してたりするし。
Commented by    アキラっち    2009年02月11日 06:50
ちゃう。

KTSの加工製作技術が高いことは間違いないと思うよ。だから普通に考えれば、少なくともわしが指摘した部分の仕事はKTSじゃないだろうな。

KTSの周辺には酷似した雲台が多いし、KTS自体情報が少ないんで、いろんな意味で迷うよね。

そういった意味では今回の記事を読めてよかったと思います。ありがとう。


Commented by    わし。    2009年02月11日 09:57
>わし。さん

そか、よかった。
Uの雲台は使ったことはおろか、店頭で手に取ったことも
無いから私はなんとも言えないけど、巷の評価は高いから
現在は問題ないでしょうね。

いろいろな選択肢からKTSを吟味したわけじゃないんだけど、
他のブランドも下請けに出されたどこぞの町工場の職人さんが
作っているのだとすると、その職人さんが立ち上げたKTSブランドは
ユーザーに直接高精度の技術を売ることが出来るから安い、
ってのをもっと知って貰いたいですね。
値段が安いから躊躇、って人もいるだろうし。

私の様な個人じゃなくどこかの雑誌なりNEWSサイトが取り上げれば
良いのに。業界内の権力がいろいろあるのかな?

書いて良かったです。
Commented by    アキラっち    2009年02月11日 10:23
PRO40買いますた。良いね。
で、取り急ぎココにトラバしてみました。
Commented by    こばっち    2009年03月20日 07:47
KTSの記事を参考にして雲台を頼みました。
まだ、ものは来ていませんが確かに良いものなんでしょうね。
ただ、いくら職人か何か知りませんが、こちらを不愉快にさせるというのは
ちょっとなと思いました。
ミスはミスでちゃんと謝って欲しいなと思いました。
Commented by    zaizai    2009年09月09日 18:39
自由雲台で検索しここに辿り着きました。
値段も手頃で購入を決めましたが、PRO40、PRO50で悩んだ末、
同じ813EXですが、50もありかな?の記事でPRO50を購入しました。
まだ振り込みもしてませんが楽しみです。
購入にあたり大変参考になりました有難うございました。

Commented by    はやぶさ    2009年09月21日 21:01
この記事読んでたらPRO-50が欲しくなってしまいました
15年前に買ったジッツオの3Wayが使いづらくて、
比較的安いけど、しっかりした雲台を探していたので参考になりました
カラフルなのも面白いけど、無難に黒かなぁ
まずは購入資金を調達しないと・・・
Commented by    せろお    2009年10月06日 22:31
> せろおさん

 はじめまして。返答が遅くてごめんなさい。

> 15年前に買ったジッツオの3Wayが使いづらくて、

 Gitzoとはいえ1三脚はともかく雲台だと15年はキツいかも知れないですね。って私は全くわかりません、憶測です。私は3Way雲台好きなんですよ。夜景撮ってるときはそれぞれ別々に「片手で」構図を変えられる方が便利…と私は思ってます。

 私がKTS…というか自由雲台を買ったのは「小さい」からであって利便性は殆ど考えてなかったです。実際構図の変更に「必ず」両手を使う仕様は実際使ってみて、やっぱり使いづらいと思っています。

 3Way雲台も1万円台で高性能なモノが買えますから一度見てみると良いです。私はSLIK 813EXに付属のモノで全く不満が無いから買ってないですが。

 そういう事を踏まえた上で、それでも「自由雲台」を望むなら「KTS」はベストな選択だと思います。言うまでも無いですが「性能」と「値段」と「デザイン」のバランスが取れている、という意味です。
Commented by    Akiratch    2009年10月10日 02:07
はじめまして。
『KTS 自由雲台』で検索して、ここにたどり着きました。
そして先日PRO-50を購入しました。
この記事を読んでKTSという会社が職人気質を持ったいい会社なんだとわかりました。
近々自分のブロクでもKTSの自由雲台について書くつもりでいます。
その際にこちらのページを紹介(リンク)させてもらっていいでしょうか?
Commented by    yah    2011年02月03日 19:27
yah さん

ご自由にどうぞ。トラックバックなどくれると嬉しいです。
Commented by    Akiratch    2011年02月03日 21:37
こんにちは。
とても参考になる情報の提供ありがとうございました。
そして…KTSさんで遊んできたとのこと…羨ましいです(^o^)
購入に至りましたのでブログに綴りたく思います。
リンクさせて頂きたく、よろしくお願いいたします。
Commented by    sabaai    2011年11月22日 10:41
はじめまして。

先週E-620の中古を購入して小型の三脚を検索していたらこちらにたどり着きました。
KTSさんですが、HPによると本年10/31をもって閉店されるそうです。

せっかく良い雲台が買えそうだったのに残念です。
Commented by    りーど100    2012年10月29日 22:22
この記事にコメントする
※必須

※任意・入力しても公開されません

※任意・入力すると名前にリンクが付きます


情報を記憶:

コメント: ※必須